保育士の給料に支援制度

保育士の給料に支援制度

全産業の平均月額給料は29万5700円です。


それを下回るのが保育士の給与です。

月額で20万7400円が平均です。

保育士の働く施設には公立と民間があり、公立の方が条件が良いのが現状です。

よって、民間の保育士はもっと安い金額で働いていることになります。

待機児童の問題があるため受け入れ施設を増やしたいというのが政府の考え方です。


しかしながら、そこで働く保育士が絶対的に足りないのが現実です。その理由は、低賃金で重労働だからです。

そのため政府は対策を講じる必要がありました。
そこで財源を確保して保育所などの施設に対して支援を行う計画を打ち出しました。

それが平成27年4月から始まる「子ども・子育て支援新制度」です。

その中の一部に、給料引き上げがあります。

施設によって上げ幅に差はあると思いますが民間で平均3%ぐらいの改善が見込まれます。



それに加えて、公務員給与の見直しが行われます。

結果として平均で2%改善されることとなり合計で5%の改善による引き上げが見込まれます。



今後も女性のビジネスへの進出を打ち出している政府だけに手厚いサポートが期待できます。

まずは安心して子供を預けられる環境を整備することが重要という理解から進められている制度ですから、他にも利点があります。

あなたの探していた保育士の求人が話題になっています。

職場環境が良いとは言い難かった状況でしたが、それについても研修やキャリアアップも充実させるとの内容も盛り込まれています。

給料が上がることで保育士の就職率向上に貢献することが期待されます。


Copyright (C) 2016 保育士の給料に支援制度 All Rights Reserved.